8.帝王切開後の産後ダイエットを始めると良いタイミングとは?

顔の脱毛は絶対に失敗したくないものですから、医師や専門知識を持ったスタッフが対応してくれる医療脱毛をオススメします。実績豊富で料金が安く、多くの人が満足しているクリニックを口コミランキングを元にご紹介します。
MENU

8.帝王切開後の産後ダイエットを始めると良いタイミングとは?

通常分娩とは違い、帝王切開の場合だと、産後ダイエットはどう差が出るのでしょうか。

 

気になるところですね。

 

しかし産後ダイエットとしては通常分娩も帝王切開もさほど変わりはないと言います。

 

ただ、開始時期については違いがあります。

 

傷が完全に治るまでは安静に

まず帝王切開はメスでお腹と子宮を切っています。

 

それを忘れてはいけません。

 

まずは傷口が完全にふさがるまでは安静にしておくのがベストでしょう。

 

完全に傷口が完治するのに2か月くらいはかかると見られていますから、それまで安静にといっても暇ですし、焦ります。

 

しかし傷口が開いてしまっては元も子もないので、産後2か月前後はしっかり傷口を治すことを考え、傷口を労わりながら赤ちゃんのお世話を開始しましょう。

 

傷を持ったまま赤ちゃんのお世話をするのは大変なことです。

 

母乳をあげるにしても赤ちゃんを抱っこするのにお腹に自然と力が入りますから、痛みを伴います。
ですから産後健診などで主治医から傷も完治したし、OKのサインが出てから産後ダイエットを本格的に取り組むようにしましょう。

 

寝そべったままの産褥体操というものもある

帝王切開だと骨盤が開いて分娩するわけではないから、骨盤は閉まったままでは? そう思う人もいるかもしれませんが、実際は帝王切開でも骨盤は開いた状態です。

 

ですから帝王切開の場合でも出産後は骨盤を締める意識をして産褥体操などをしてみましょう。

 

寝そべったままできる体操なので、体力の回復も早まりますし、代謝もよくなります。

 

母乳の出もよくなりますから、実践してみましょう。 帝王切開後に傷の痛みがなくなったら腹筋などを始めても良いでしょう。

 

帝王切開でも普通分娩と同じくらい体力は消耗しますし、骨盤も開きます。

 

産褥体操で代謝をアップし、栄養を摂って赤ちゃんに母乳をあげるだけでも充分なカロリー消費です。

 

無理だけはせずに、傷口にあたるような下着は避け、傷が完治してからダイエットは始めましょう。

このページの先頭へ