5.産後ダイエット効果を高める骨盤矯正くびれを手にするには?

顔の脱毛は絶対に失敗したくないものですから、医師や専門知識を持ったスタッフが対応してくれる医療脱毛をオススメします。実績豊富で料金が安く、多くの人が満足しているクリニックを口コミランキングを元にご紹介します。
MENU

5.産後ダイエット効果を高める骨盤矯正くびれを手にするには?

出産後、すぐに体重は落ちたけれど、体型が元に戻らない、という女性は大勢います。 だらんと垂れたお腹の皮膚やヒップの皮など気になるという女性は多いのです。

 

ウエストなどくびれをもう一度手に入れるにはどうしたらよいのでしょうか? それにはまずは骨盤を矯正する必要があります。

 

骨盤矯正が必要な意味とは

骨盤が全体的に歪んでいると、背骨も自然と歪み、体型も理想的な体型に戻りません。

 

骨盤をしっかり矯正することは、体型を取り戻すためには必須の条件です。

 

ですから産後は骨盤をしっかり締めて、元の位置に戻すことが必要になります。

 

そこで大変重宝するのが骨盤ベルトです。

 

常に腰回りをギュッとベルトで締めておくことで骨盤を正しい位置に戻してくれます。

 

産褥期でもこのベルトはしていても問題はありませんから、入院中から骨盤矯正としてベルトを活用して骨盤矯正をしておきましょう。

 

骨盤矯正をすると肋骨の開きもおさまる

実は骨盤が開いた状態だと肋骨も開くと言われています。

 

そのためくびれができにくい状態になると言いますから、骨盤矯正がいかに重要か分かってきますね。
またくびれを作りたいのなら、やはりウエストをひねることが必要です。

 

ウエストをしっかり締めるためには左右にねじる運動がベストです。

 

骨盤矯正と合わせてウエストをひねる運動を加えましょう。

 

骨盤が正しい位置に戻ると肋骨も自然と広がりが治まり、くびれやすくなります。

 

そこにウエストのひねり運動を加えることによりウエストを締めることができます。

 

また腹筋もメジャーですが大切です。 腹筋で起き上がった時に左右にねじる動作を加えるだけで脇腹の筋肉に働きかけることができますから、くびれにも効果的です。

 

産後ダイエットは半年かけて行うものだと覚えておきましょう。 それほど早くに結果を出そうと頑張りすぎると体を悪くする可能性もあります。

 

それに授乳中は何かと体力を使いますから、なるべく続けられる負荷の軽い運動のほうが良いでしょう。

このページの先頭へ